坐骨神経痛とコンドロイチン

膝が痛い!ひざの痛みを取りたいならコンドロイチンの含有量でサプリメントを選ぶ

坐骨神経痛にもコンドロイチンは効果がある

グルコサミンとかコンドロイチンというと最近、よくサプリメントのCMなどが放送されてますよね。

グルコサミンもコンドロイチンも軟骨の形成には欠かせない存在で、加齢とともに体内から減少していくと言われてます。なので、加齢とともにサプリメントなどで補っていく必要のあるものでもあります。

これらを補っていくことで、関節の痛みの改善やスムーズな体の動きを維持できることになりますから。グルコサミンもコンドロイチンも関節痛の治療の一環として服用を勧められる人も多いみたいです。

特にこのコンドロイチンは坐骨神経痛にも効果があるみたいなので、積極的に摂取するのが良いと言われてますね。

ちなみに坐骨神経痛というのは病気の名前ではなく、症状を差すものなんだそうです。坐骨神経というのは皮膚に近いところにあり、しかも長さは1メートル程度ということで、体の半分以上に存在してる神経なんだそうですよ。

腰から下の下半身に存在してる神経なので、腰が痛いとか膝が痛いなどというのは坐骨神経痛って呼んでも過言じゃなさそうです。膝や腰に痛みのある人や違和感を感じている人は、早め早めにコンドロイチンを補っていった方が良いみたいです。

30代から徐々に減少していくっていいますしね。